みどりのの農畜産物

自慢のお米と集荷量

県内有数の生産量を誇る「JAみどりの」の平成22年産米集荷実績は2.7万トンで主力品種の「ひとめぼれ」は2万トンです。

平成25年産米 集荷実績

品種名 作付面積(ヘクタール) 集荷実績(トン)
ひとめぼれ 5,762.8 21,030.6
まなむすめ 778.5 3,792.8
ササニシキ 410.5 1,162.3
つや姫 151.8 657.0
みやこがねもち 109.7 271.4
トヨ二シキ 35.6 171.2
蔵の華 27.8 142.6
げんきまる 16.1 80.8
コシヒカリ 14.9 15.5
やまのしずく 4.5 20.6
たきたて 3.0 6.6
ミルキークイーン 2.5 3.1
東北194号 2.2 9.9
萌えみのり 1.9 4.4
あきたこまち 0.3 0.7
合計 7,322.2 27,369.5

(カントリーエレベーターは推定売渡数量)

おいしさに自信 「ひとめぼれ」「ササニシキ」「まなむすめ」

土壌マップを活用した適地適作、出荷米の食味値の確認と次年産での栽培改善、 カントリーエレベーター利用により「均質・高品質」なお米を出荷しています。

おいしさへのこだわりはこちら

ひとめぼれ ササニシキ
ひとめぼれ

味と香りがとても良く粘りも強いのが特徴です。
グルメ時代にピッタリの味を是非お楽しみください。

ササニシキ

あっさりとした舌ざわりと味がその美味しさの秘密です。
品質の良さと優れた食味はお寿司屋さんにも評判で30年以上にわたって全国の皆さまに親しまれています。

まなむすめ

食味は、一目ぼれに近く、適度な粘りとふっくらとした食感がおいしさの秘密です。
ひとめぼれとチヨニシキを両親にもち、冷害に強く、おいしい品種であるひとめぼれの良さを受け継ぎながら、病気にもさらに強くなりました。
ひとめぼれの子どもである「かわいいわが娘」をよろしくという思いを込めて名づけられ、1999年にデビューしました。

特別栽培米の生産拡大(環境保全型農業の推進)

体的な環境保全型農業の推進を基本とし、特に農薬や化学肥料を節減して栽培するお米は区分集荷しております。

平成25年産米 特別栽培米集荷実績
品種名 減農薬栽培 無農薬栽培 合計
ひとめぼれ 8,433,731 207,990 8,641.7
まなむすめ 1,240,423 28,830 1,269.3
ササニシキ 738,165 30,120 768.3
つや姫 84,660 0 84.7
みやこがねもち 76,290 0 76.3
トヨ二シキ 6,840 0 6.8
蔵ノ華 122,285 2,610 124.9
コシヒカリ 0 5,490 5.5
やまのしずく 20,610 0 20.6
東北194号 660 0 0.7
合計 10,723,664 275,040 10,998.7

(カントリーエレベーターは推定売渡数量)

Get ADOBE READERPDF形式で保存されている書類を開くためには、 Adobe Acrobat Reader が必要となります。右のバナーよりADOBE READERをダウンロードしてください。
このページのトップへ

トピックス

月刊広報誌ぐりーんぴぃーす
JAみどりの生産者検索ページ

関連サイト

ファーマーズマーケット元気くん市場
JAみどりの葬祭センター
JAタウン
みんなのよい食プロジェクト
JAバンクメールオーダーシステム
ハトマークサイト宮城
日本農業新聞
仙台管区気象台
宮城県病害虫防除所